虹の橋(天国の犬と猫たち)

【虹の橋】とは原作者不明のまま、世界中の動物サイトに伝わっている詩です。

原文は英語ですが、古いインディアンの伝承に基づいているともいわれ、アメリカから世界へ広がったようです。

詩の内容ですが、愛する動物達と死別しても、天国の手前にある【虹の橋】でまた再会して一緒に虹の橋を渡り、ともに天国に行くという内容です。

そして「虹の橋のたもと」では、 愛されたことのない動物達が同じように愛を知らなかった人と共に【虹の橋】を一緒に渡る、という内容です。

私はペットロスになったときに、この詩を読んで、とても慰められました。

虹の橋

虹の橋

天国の、ほんの少し手前に「虹の橋」と呼ばれるところがあります。
地上にいる人間と愛情で結ばれていた動物達は死ぬと【虹の橋】へ行くのです。
そこには草原や丘があり、彼らは、みんなで走り回って遊びます。
たくさんの食べ物と水、温かい陽光に恵まれ、彼らは快適に過ごしています。
病気だった子も年老いた子も、傷ついた子も体が不自由だった子も、みんな、もとの元気な体を取り戻すのです。それは、まるで過ぎた日々の夢を思い出したかのように。

みんな幸せで満ち足りているけれど、ひとつだけ不満があります。それは動物達にとって大切な人、残してきてしまった大好きな人がいない寂しさを感じているのです。

動物達は、みんな一緒に走り回って遊んでいます。
でも、ある日、その中の1匹が突然、立ち止まり、遠くを見つめます。その瞳はキラキラ輝き、体は喜びに小刻みに震えはじめます。
突然、その子はみんなから離れ、緑の草の上を走りはじめます。速く、それは速く、飛ぶように。

その子は、大切な人を見つけたのです!
再会の喜びに固く抱き合います。そして、もう二度と離れたりしないのです。
幸福のキスが顔に降りそそぎます。大好きな人の手が、その子の頭を優しく撫でます。そしてお互いに、もう一度、信頼にあふれた瞳で見つめあいます。
離ればなれになっていたけれど、その心からは1日たりとも消えたことがなかった互いへの深い愛情に満ちた瞳を。
それから、その子と、その子がずっと待ち続けた最愛の人は、微笑みながら幸せそうに一緒に虹の橋を渡っていくのです。

和訳:梨花(直訳ではなく意訳です)

 

★ Rainbow Bridge

Just this side of Heaven is a place called Rainbow Bridge.
When an animal dies that has been especially close to someone here,that pet goes to Rainbow Bridge.
There are meadows and hills for all of our special friends so they can run and play together.
There is plenty of food, water and sunshine and our friends are warm and comfortable.
All the animals who had been ill and old are restored to health and vigor, those who were hurt or maimed are made whole and strong again, just as we remember them in our dreams of days and times gone by.
The animals are happy and content, except for one small thing, they each miss someone very special, someone who was left behind.
They all run and play together, but the day comes when one suddenly stops and looks into the distance.
His bright eyes are intent; his eager body begins to quiver.
Suddenly, he breaks from the group, flying over the green grass, faster and faster.
You have been spotted, and when you and your special friend finally meet, you cling together in joyous reunion, never to be parted again.
The happy kisses rain upon your face; your hands again caress the beloved head, and you look once more into those trusting eyes, so long gone from your life, but never absent from your heart.
Then you cross the Rainbow Bridge together...

--- Anonymous ---