白黒はちわれ猫の、まおちゃん

白黒はちわれ保護猫

まおちゃんは、片目が見えない、みーちゃんと姉妹です(全然、似てないけど)↓

保護猫

2006年8月、みー、まお、クルミと3匹保護して、まおとクルミは姿かたち色模様が、そっくりで、全く見分けがつきませんでした。
クルミは保護して5日ほどで天国へ行きましたが、みーと、まおは元気でした。

最初、まおちゃんのことを男の子だと思って【真雄】って名前にしたんですが、後から女の子だとわかり、ひらがなの【まお】に変えました。(^_^;)

ステロイドの副作用で大きくならず老猫みたいに・・・

【猫の健康】のページにも書きましたが、子猫のまおちゃんも、みーちゃんと同じように目が腫れて動物病院に1週間ほど入院したのですが、退院後も毎日ステロイドの目薬を点眼するように言われたので、そのとおりにしていたら、食べても全く大きくならないし、老猫のような顔つきになってきて、オッパイがバアサンみたいにダラーンと垂れ下がってきました。

(´_`。)

子猫の白黒はちわれ白黒はちわれ子猫白黒はちわれ子猫

上記3枚の写真は生後2カ月半ぐらいです。本来なら、もっと大きく、ふっくらしているはず。
心配になって獣医師に相談しても「なんでだろうね~・・・」という返事。

ネットで、いろいろ調べたら、人間の子供にステロイドを多量に使うと副作用で老化現象が起こると書かれていたので、「もしかしたら子猫にも当てはまるかも・・・」と思い、その獣医に診せるのは止めて、ホメオパシー治療の獣医師に相談したら、やはりステロイドの副作用とのこと。

(。>0<。)

体内にたまったステロイドの排出治療を始めたら、老化現象がなくなり、体も、ふっくらとしてきました。

下記の写真はホメオパシーのステロイド排出治療を終えて、10日ほど経ったころです。顔や体がふっくらしてきて、子猫らしくなってきましたね。(^_^)

白黒はちわれ子猫

サーカス猫まお

まおちゃんはサーカス猫で、若いころは丸い木のカーテンレールの上を行ったり来たりするのが大好きだったんです♪

サーカス猫

歳とってからは全然やってくれません・・・。

リラックスタイム

まおちゃん、くつろいでます。

白黒はちわれ保護猫

まおちゃん、そんな格好して・・・・女の子なんだから~。

白黒はちわれ保護猫

箱に入るのが好き♪

猫は箱に入るのが好き

飽きっぽい

まおちゃんは、飽きっぽい。特にキャットフードは、すぐ飽きるので、複数のキャットフードを用意しておかないと。
飽きると、お腹が空いていても食べないんですよね。飽きっぽくて、わがままな、まおちゃんです。

白黒はちわれ保護猫

小太郎兄ちゃん、大好き♪

大好きな小太郎兄ちゃんに、くっついてます♪

白黒はちわれ保護猫

えへっ、満足♪

白黒はちわれ保護猫

小太郎兄ちゃんに頭をなめられ、幸せ~♪

白黒はちわれ保護猫

このあと、しばらくすると、取っ組み合いのケンカになる・・・・・・・猫って、みんな、そうよね。(^_^;

おやすみなさ~い

ZZZ・・・・。

白黒はちわれ保護猫白黒はちわれ保護猫白黒はちわれ保護猫白黒はちわれ保護猫白黒はちわれ保護猫

楽しい夢、見るんだよ。(^_^)

13歳で天国へ

まおちゃんは、桃の咲く3月に、13歳で虹の橋を渡って天国へ行きました。
突然死でした。まだ、13歳なのに・・・・・。

桃

半年ぐらい前から寝ている時間が多くなって、「おばあちゃんに、なったのかな?」なんて思ってました。
でも、まだまだ生きると思ってました・・・。

午前中、ゴハンを食べて、午後は窓辺の日向で、のんびり昼寝、夕方ゴハンを持っていったら、けいれんして倒れてました。
そして2時間ほどで天国へ・・・・・・・・・突然死?

白黒はちわれ保護猫

死ぬ3ヶ月ほど前から、ゴハンを食べてるのに痩せてきて、歳をとると、みんな痩せてくるので仕方がないとは思ってましたが、痩せて血管が細くなって動脈硬化が進んでたのかな・・・。

心筋梗塞? 脳溢血? 脳卒中?

白黒はちわれ保護猫

部屋に行くと、いつも居た、まおちゃんが、いない・・・・。
一緒に寝てたのに、今は一人寝・・・・・。
猫たちのゴハンをお皿に盛っていると「1枚お皿が足りない・・・・」

ペットロス状態で何もやる気がしませんでした。(仕事だけは、なんとかやってましたが・・・)

まおちゃんは我が家の庭で眠っています。
もうすぐ、たくさんのバラが咲きだすから、花に囲まれて安らかに・・・・・。

バラの庭