本文へスキップ

女性のための猫付きシェアハウス【キティハウス】です

メールでのお問い合わせはお問い合わせフォーム


オーナー・管理人&猫たちの紹介Manager

オーナー・管理人ごあいさつ

はじめまして。猫たちと暮らせるシェアハウス【キティハウス】のオーナーです。 キティハウスはオーナーの私と、娘の管理人で運営しています。よろしくお願いします。


はじめまして。管理人です。昭和42年生まれのオバサンで〜す。
私の主な仕事はリビングなどの共有スペース、ゴミ置き場の清掃や庭木の手入れなどです。

趣味はピアノ、ガーデニング、マンガ、アニメ。好きな花は【バラ】と【かすみ草】と【牡丹(ぼたん)】です。コニファーもプリペットも好き♪

ガーデニングの花や植木は無農薬・有機栽培で育ててますが、バラは、ちょっと気を抜くと、すぐに虫に食われてしまうので大変です。バラも無農薬で育てられる強健品種がありますが(ピエール ドゥ ロンサール、ギーサヴォアなど)、そういう生命力旺盛なもの以外のバラは、やはり農薬を使わないと害虫と病気で苗が弱って枯れます。特に異常に暑い夏を乗り切るのが大変で、猛暑・害虫・病気で今まで何本枯らしたことか・・・・・

スイセン、リコリス(彼岸花)、花ニラなどをバラの間近に一緒に植えると虫除けになるので地植えのバラは植えてますが、鉢植えは狭くて一緒に植えられないので、鉢の無農薬栽培には限界があるな〜と思います。ニームという虫除けもあるんですが、殺虫剤ほど強力に効かないので、無いより、あったほうが良い、という感じです。

現在、猫8匹と同居中。猫飼い歴は30年です。
ハンドルネーム(HN)は「梨花(りか)」です。本名があまりにも平凡なので、こういう可愛い名前に憧れます。

仕事は家でパソコンを使ってやる仕事ばかりでしたので、今まで一度も携帯を持ったことがありません。
「携帯、持ったことが無いの」って言うと、非常に驚かれます。
営業の仕事と違って外出先から電話するなんてこと、ありませんから。
メールはパソコンで送受信できるし、電話もファックスも家の固定電話で用をたしてしまうし。
スマホって便利そうだなって思うけど、パソコンがあれば、いらないな〜とも思うし。パソコンより画面が小さいので目が疲れそう。
などと言っておきながら、ついにスマホデビューしました!(時代の流れに取り残されては大変)
でも、やっぱり、ほとんど使ってません。(^^;)


猫を飼っていると、ネズミがいない!

「猫を飼うメリットは?」と聞かれたら、「ネズミが家に寄りつかない」と答えます。
猫飼い歴27年ですが、一度も家の中でネズミを見たことがありませんし、ネズミの糞も見たことがありません。(ゴキブリの糞は、たまに台所で見かけます・・・・・)

長年、ネズミと無縁の生活を送っていたので「家の中にネズミはいない」と思い込んでいたのですが、猫を飼っていない家には、やっぱりネズミがいるんですね〜。

叔母は猫嫌いで猫を飼っていないんですが、叔母の家の押入れの中を見たら、ネズミの大きな糞がありました・・・・・ゴキブリの糞より大きいですね。当たり前ですけど・・・・・

我が家は猫が6匹もいるので、ネズミは猫の気配を察知して近寄らないんでしょうね。1匹でも、もちろん効果があるでしょう。なんせネズミにとって猫は天敵。

余談ですが、ネズミは沈没する船には乗船しないそうです。動物の危険を察知する予知能力って、すごいなって思います。

ところで、我が家の猫たち、上げ膳据え膳で「ニャ〜」と鳴けばゴハンが出てくる生活を送っているため、ハンターとして役立つのかな?
もしネズミを発見しても【捕まえて食べる】ということができないんじゃないかと思います。遊んじゃって、飽きたら終わり?
でも、猫を飼っているだけでネズミが近寄らないので、とっても、ありがたいです。


我が家の にゃんこ達のプロフィール

写真をクリックすると、、プロフィールのページへ移動します

★小太郎(男の子)



平成17年4月、隣家の庭をさまよっているのを保護。目やにがひどくて目が開かないし、鼻水ぐちゃぐちゃで即、動物病院へ。手のひらサイズの大きさでした。今は体重約6kg。
初対面の猫とも仲良し。知らない人も全然平気で、お客様が来ると御挨拶に出てきます。
とっても、フレンドリー。でも、すごく寂しがりやで甘えん坊。
小太郎は引っ越して環境が変わっても全く変化無し。新しい家で初日から、ゆったりくつろぎ、食事も普段どおりにパクパク食べてました。意外と大物。



★みー(女の子)



平成18年8月、 我が家の庭に野良猫が子猫を3匹置いていき、そのまま行方不明。心配で子猫を保護しましたが1匹は死んでしまいました。
この子は生命力が強く元気でしたが目の病気になってしまい、片目が腫れてレンズがはがれて失明し、1ヶ月入院しました。
あまりにも目が腫れてしまい、このままでは眼球摘出でしたが、良い獣医さんと巡り会えて摘出せずにすみました。
片目は見えませんが、もう片方の目は見えます。
闘病については【猫の健康】のページに詳細を載せています。
みーも小太郎と同様、引越し後の新しい環境に、すっと馴染んでしまいました。食事も初日からパクパク食べてましたし、マダムの貫禄で、くつろいでましたね〜。



★まお(女の子)



みーと一緒に保護した子で、みーとは姉妹です。
この子も、みーと一緒に目の病気になってしまい入院しましたが、この子はそれほど重症ではありませんでした。しかし、入院先の獣医師がステロイド剤を多用しすぎたために成長ホルモンが阻害され、いつまでたっても大きくならず年寄りのようにオッバイがダラ〜ンと垂れ下がってきたので心配になって急きょ退院させ、みーの目を治してくれた獣医さんに見てもらい、無事治りました。
子猫なのに老化現象が起きた原因は、やはりステロイド剤の多用が原因でした。
まおちゃんは、グリーンピース(エンドウマメ)アレルギーで、これが入っているペットフードを食べると目が腫れてしまうので気をつけています。
まおちゃんも、意外と早く引越し後の環境に適応しました。引っ越した翌日にはフードも食べてましたし。新しい家の探検が面白いらしくて楽しそうでした。



★レオ(男の子)



平成22年8月、猫の里親募集のページを見て里親になりました。マリンとは兄弟です。
すごく臆病で知らない人が来ると、クローゼットの奥やピアノの後ろにに隠れて出てきません。
臆病なんだけれどパフォーマンス好き。歌を歌うのが好きで歩きながら、よく歌っています。話好きなので、よく話しかけてきます。
レオは食欲旺盛。でも、いくら食べても太らない不思議な子。小顔で手足が長いハンサム君です。
引越しをしたときに、レオはピアノの後ろに隠れたまま出てこなくて、食事も全然食べなくて心配でしたが、1週間ほどしたら、やっと出てきてフードを食べました。猫は1週間ぐらい食べなくても平気みたいです。
トイレは私が寝た後、こっそり出てきて、していたようです。臆病なレオは他の子よりも新しい環境に慣れるのに日にちがかかりました。



★マリン(男の子)


レオとは兄弟で一緒に我が家に来ました。
男の子なのに女の子みたいな性格で、気が強くてタオルなどを運ぶのが好き。子猫を運んでいるつもりなのかな? 引き出しを開けて中のものを引っ張り出すのも好きです。
掃除機をかけると、みんな一目散に逃げるのに、マリンだけ果敢に向かってきて掃除機をペンペン叩いています。怖いもの知らずだな〜。
マリンは引越し後の新しい環境に慣れるのに、レオと同じくらいかかりましたが、レオとの違いは、引越し当日から、しっかりフードを食べてました。食事を終えると、さっさと隠れてましたけど。


【虹の橋】を渡って天国へ旅立った子たち

写真をクリックすると、、プロフィールのページへ移動します

★ルル(男の子)




昭和63年9月、ブリーダーさんから譲っていただき、我が家に来ました。チンチラシルバーで美猫でした。性格も、おっとりしていて人間が大好き。でも猫が嫌いでした。18歳で天国へ旅立ちました。


★ミルキー(男の子)



平成3年9月、へその緒付きで、まだ目も開いていない子猫を保護しました。体重75g。育つかどうか心配でしたが、スポイトで猫用ミルクを3時間おきに与えて頑張りました。その後は離乳食、カリカリ、と順調にゴハンを食べて大きくなりました。我が家で一番の長寿猫で、19歳で天国へ旅立ちました。


★プチ&ミーシャ



平成4年8月、ミルキーと同じように、へその緒付きで、まだ目も開いていない子猫を2匹、保護しました。スポイトで猫用ミルクを与えて頑張りましたが、この子達は子猫のまま天国へ旅立ってしまいました。ミルキーが元気に育ってくれたので、この子達も元気に育つと思っていましたが、ダメでした。へその緒付きで目も開いていない子が育つ確率はとても低いようで、ミルキーの生命力が特別、強かったようです。


★プーシャ(男の子)



平成5年8月、知人の家の庭に生んだ野良猫の子を妹が、もらってきました。2ヶ月ぐらいの子猫で鼻水をたらしていたので動物病院で見てもらいました。ものすごく臆病な子で、母に一番なついていて、母の姿が見えないと心配で、どこへ行くにも母の後をついて歩くストーカー猫ちゃんでした。15歳で天国へ旅立ちました。


★モモ(女の子)



平成9年4月、建築現場で大声で鳴いていた1ヶ月ぐらいの子猫を保護しました。我が家で飼う初めての女の子でした。女の子は男の子より気が強い子が多いです。男の中の紅一点、【もも】という女の子らしい名前をつけましたが、一番、威張ってました(笑)。16歳で天国へ旅立ちました。


★ココ(女の子)



平成15年8月、捨てられて3ヶ月ぐらいの子猫を保護。半ノラで保護したので、とっても怖がりさん。 母に一番なついてました。
半ノラだったので外の生活を覚えていて「外に出たがるかな」と思っていましたが、完全室内飼いに移行してからは、外の暮らしを忘れてしまったのか全く外に出たがりません。
ココは市販のペットフードを食べてくれなくて、全て手づくり食なので大変です。天然マルチビタミンやエビオス錠(天然ビール酵母)を粉末にして加熱した肉や魚にふりかけたりして、栄養バランスをとっていました。
手づくり食だと、ウンチの量がすごく少ないんです。ペットフードを食べてる子達はウンチの量が多すぎ。
ココは臆病なので爪を切ろうとすると、ビビッてしまってオモラシするし暴れるし、どうしても爪を切ることができません。だから壁で爪とぎされると、ボロボロ・・・・・ 。
ココは引っ越してから2,3日で慣れました。意外と順応力が高い子でした。
14歳で天国へ旅立ちました。




★ロッキー(男の子)
コリー、シェルティー

コリー、シェルティー

迷子犬を保護したので、生年月日、年齢不明です。コリーやシェルティーに見えますがミックス犬かもしれません。交番に届け出ましたが飼い主が見つかりませんでした。
ロッキーを保護した頃は、まだワープロの時代で、パソコンでネット接続して情報を共有なんて、できませんでしたから、飼い主が現れる確率はゼロに近く、保健所に連絡するとガス室で処分されてしまうので、「我が家で面倒をみよう!」ということになりました。
ロッキーはおとなしくて噛みつかず、無駄吠えを全くしない良い子でした。
我が家に2年半近くいましたが、心臓病で天国へ旅立ちました。


★クッキー(女の子)
シェルティー

シェルティー

平成3年7月生まれ。ロッキーが亡くなって母がペットロスになってしまいました。
毎日泣き暮らして目の下がクマで黒くなり、このままだと鬱(うつ)になって寝込んでしまうのではないかと心配して、ペットショップから新しい子を家族の一員に迎えました。
クッキーは臆病で神経質で散歩嫌いでした。外に連れ出しても一歩も歩かず、座り込み。
車が怖いらしく震えていました。
窓の外を通り過ぎる車を見ては吠えていました。車を敵だと思っていたみたい。
14歳で天国へ旅立ちました。


★クッキー(女の子)&ブル(男の子)
ミニウサギ

ミニウサギ
ミニウサギです。30年以上前に飼ってました。ツガイですが、残念ながら子ウサギは産まれませんでした。


★うずら(男の子)
ミニウサギ

ミニウサギ
ミニウサギです。27年前に飼ってました。体の模様が、うずらの卵みたいなので【うずら】と名づけました。


【虹の橋】とは?

【虹の橋】とは原作者不明のまま、世界中の動物サイトに伝わっている詩です。
原文は英語ですが、古いインディアンの伝承に基づいているともいわれ、アメリカから世界へ広がったようです。
詩の内容ですが、愛する動物達と死別しても、天国の手前にある【虹の橋】でまた再会して、一緒に虹の橋を渡り、ともに天国に行くという内容です。
そして、「虹の橋のたもと」では、 愛されたことのない動物達が同じように愛を知らなかった人と共に【虹の橋】を一緒に渡る、という内容です。

私はペットロスになったときに、この詩を読んで、とても慰められました。興味のある方は下記の【虹の橋】のバナーをクリックしてみてください。



猫たちと暮らせるシェアハウス
Kitty House
キティハウス

★所在地 東京都東久留米市本町2丁目
★メール info@kitty-house.tokyo

メールでのお問い合わせは、こちら から