ヤマハのグランドピアノを大改造する 1

買ったばかりのヤマハのグランドピアノの音が、あまりにも気に入らないので、いつもお世話になっている調律師に相談したら、ハンマーを最高級品のドイツ・レンナー製に交換してはどうかと言われました。

1000万円する スタインウェイのピアノにも使われているのと同じ物です。

現在のヤマハ グランドピアノのハンマーは昔と比べると信じられないほど小さく、品質もあまり良くありません。それに比べ、レンナーのハンマーは大きく木の質も最高級品。

ハンマーを最高級品に交換して音質が良くなるか・・・・賭けでした。

 

調律師さんに下記のレンナージャパンのJMG株式会社を紹介され、実際のピアノ工房を調律師さんと一緒に見学に行き、いろいろとお話を伺いました。

猫とピアノ

 

ハンマーの木も数種類あります。アンダーフエルトの色が黒いものを「ジャパンブラック」といいます。

左から、メイプル、コティベ、シデ、ウォルナット

ピアノのハンマーと猫とシェアハウス

 

木によって音色が微妙に違います。私は、ウォルナットを選びました。

 

 

※2019年7月29日にSteinway & Sons 社(1000万円するスタインウェイのピアノメーカー)が、ドイツ・ルイス レンナー社の買収を発表しました。

猫とピアノとシェアハウス
2020年08月22日