猫の健康1

 

★ 私の治療方針

私の治療方針は、その子にとって一番良いと思われる治療をする、ということです。
ですので、現代医療だけでなく、ホメオパシー、アロマテラピー、ハーブ、漢方、針灸、マッサージ、とキャパが広いです。

それぞれの治療法には良いところがあり、一つでダメなら併用もします。

私自身も持病があり、現代医学では治らないので、様々な治療法の本を読んで試しています。

現代医学だと、どうしても最後は「切った、縫った」になることが多いので、「手術しないで治せる」可能性がある場合は、そちらの治療法を試みます。それでもダメなら、最後は現代医学になります。

よく、「ハーブや漢方、アロマオイルは副作用が無い」と記載している人がいますが、薬理作用があるものは全て副作用があります
私は漢方医の処方ミスと副作用で死にかけましたし、ハーブの副作用も経験しています。

ホメオパシーの副作用は経験していませんが、電磁波過敏症の人はホメオパシー治療は辛いですよ。それに敏感な人はプルービングをしてしまうので、作用が消えるまで辛いです。