猫のトリコモナス

ラガマフィンの福ちゃんが1歳になったばかりの頃の話です。

軟便・下痢便が始まり、いつもは食事を減らすと治るのに、今回は全く治らず・・・・
心配になり、下痢便を持って動物病院へ連れて行くと、便に トリコモナス がいるとのこと・・・

トリコモナス症は発症すると様々な辛い症状を猫に引き起こす病気ですが、これらの症状が出るのは、ほとんどが免疫力の弱い生後6ヶ月から1歳未満の子猫だけだそうで、1歳以上の大人猫になると免疫力が強くなり、自分の免疫力でトリコモナスを抑え込むことができるため、症状の出ない無症状状態になることがほとんどだそうです。

福ちゃんは、12月で、やっと1歳になったばかり。。。。。。

猫のラガマフィン

 

当時、我が家は猫が8匹いて多頭飼いなので、おそらく、みんな腸内にトリコモナスがいると思うんです。でも、体調を崩したのは1歳未満の福ちゃんだけで、他の子たちは、とても良いウンチをしています。

獣医師は「軟便が治るまで、福ちゃんを隔離してくださいね」と言いますが、我が家は猫専用個室というものは無いし、8ニャンズもいると実際、無理です。
(T▽T;)

それに、福ちゃんは軟便・下痢便とはいえ、なぜか元気一杯、食欲旺盛で、ちっともグッタリしてないので、ケージに入れておくと「出してー、出してよー!!!」と1日中、鳴きまくって・・・。

このままケージに入れておくと、かえってストレスをためこむのでよくありません。とりあえず、いつも通り、部屋の中を自由にさせながら、駆虫薬と整腸薬を飲ませつつ、様子を見ることになりました。

駆虫薬ですが、下記の種類があります。

  • メトロダニゾール
  • フェンベンダゾール
  • ロニダゾール
  • チニダゾール

 

投薬治療ではこれらの駆虫薬を投与して猫の体内に潜むトリコモナスを駆除していきますが、どの薬も確実に駆除できるという薬ではなく、使用する量や期間によっては神経症状などの強い副作用を引き起こすことがあります。
副作用の割に100%駆除できるわけではないため、主に治療は投薬治療&対症療法が行われることが多いようです。

対症療法とは、腸内細菌のバランスが崩れているようなら、プロバイオティクスという腸内の善玉菌を使用してバランスを調整したり、下痢による脱水症状がひどい場合は点滴による輸液をします。

福ちゃんは脱水症状をおこすほど、ひどくないので(よく食べる・飲む)、駆虫薬と一緒に整腸薬を飲んでるだけです。
駆虫薬を飲んでも他の猫たちとトイレが一緒だったら意味無いと思いますけどね・・・。

福ちゃんは毛が長いので、下痢便がお尻の毛についたり、手足についたりして、ふいたり洗ったり、大変でした。(T_T)
結局、大事にもならず、無事、回復しました。良かったです。(^_^)

農薬は怖い(犬や猫を飼っている人は要注意)

コロナウイルス予防のためエタノールなどの消毒を過剰にすると、ペットが体調を崩すことがあるのは事実です。
殺菌剤だけでなく、殺虫剤も要注意なのは言うまでもありません。

バラを育て始めたころ、私も殺虫・殺菌剤をバラに使っていました。
綺麗に咲いたバラを部屋の中に飾り始めて数日後、我が家の猫たちに体調不良が現れました。
下痢、嘔吐、食欲不振、ぐったりして動かない・・・・・

動物病院で検査しましたが異常なく原因がわかりません。
エコー検査もしましたが問題なし。薬を飲ませても治りません。

原因はバラの花についた殺虫・殺菌剤でした。
空気中に漂った殺虫・殺菌剤を四六時中、吸い込み、肺から体内に入った殺虫・殺菌剤を肝臓の解毒機能が追いつかず、上記の症状が出たのでした。
猫は人間より体が小さく、解毒能力も人間より弱いので、まっさきに猫たちに症状が出たのです

無農薬バラ栽培

私は子供の頃から呼吸器系が弱く、新宿、渋谷、池袋といった空気の悪いところに長時間いると咳が出始め、そのうち止まらなくなります。
新築の家にいると、他の人たちは何ともないのに、シックハウスで咳が止まらなくなります。

体にとって害になるものを私の呼吸器が真っ先に教えてくれるので、バラを室内に飾り始めて数日後に私の呼吸器の調子が悪くなってきたことに気づき、「もしかして・・・・・バラの殺虫・殺菌剤が原因!?」と慌てて室内のバラを破棄したら、猫たちの体調不良と私の呼吸器が少しずつ回復していきました。

それ以来、マイガーデンは無農薬です。

殺虫・殺菌剤の吸入の恐ろしさを身を持って体験し、猫たちに辛い思いをさせてしまいました。

バラの株元に殺虫・殺菌剤を多めに噴霧したら、癌腫(バラの癌)になったのも驚きました。
農薬で株が弱り、土壌の善玉菌も減ってしまい、土中の癌腫菌にやられてしまったのでしょう。
本来、癌腫菌は非常に弱い菌で、無農薬有機栽培なら善玉菌が癌腫菌をパクパク食べてしまうので、バラが癌腫になることは滅多にないんです。
殺虫・殺菌剤は癌の原因にもなります。

FLUTD(猫の下部尿路疾患)

猫は腎臓、膀胱、尿管など尿の排泄に関係する泌尿器疾患が多いのですが、これらをまとめてFLUTD(猫の下部尿路疾患)と呼んでいます。

原因は、代謝性、細菌感染、炎症性、腫瘍、先天的な体の異常、神経性などがありますが、中でも多いのが代謝性の尿路結石です。
リン・アンモニア・マグネシウムなど、尿に含まれる成分の一部が膀胱の中で結晶や結石になるため、尿が出にくくなったり血尿が出たりします。
結石が尿管に詰まった場合は尿管閉塞といい、まったく尿が出なくなります。

尿結晶や尿結石には数種類ありますが、猫でよくみられるのはス卜ルバイト結石シュウ酸カルシウム結石です。
ストルトバイトはオシッコがアルカリ性に傾くとできやすくシュウ酸カルシウムは酸性に強く傾くとできやすくなります

猫は肉食で食事に含まれるタンパク質の量が多く、尿にはリンやアンモニアが多く含まれています。
フードに含まれるマグネシウムが多いと、ストルバイト結石になりやすくなります。
マグネシウムが多いフードは食いつきが良くなるので、市販のキャットフードは、マグネシウムの数値が高いものがあります。キャットフードを購入するときは、マグネシウムの数値をチェックしましょう。

 

ストルバイト、尿酸塩、シスチンによる結石は療法食による治療が可能で、療法食で溶かすことができますが、シュウ酸カルシウム結石療法食で結石を溶かすことはできないため、結石を摘出(手術)する必要があります。

療法食を食べて、定期的に尿検査をして症状が治まっているのであれば、その後は通常の食事に戻すことは可能です。
ただし、結石ができやすい体質の場合は、生涯に渡って療法食を摂る必要があります。

下記の症状が出たら、すぐ動物病院へ行きましょう!

  • 血尿が出ている
  • 頻繁にトイレに行っても、なかなかオシッコが出ない
  • トイレ以外の場所でオシッコをしてしまう
  • オシッコをする際、痛そうに鳴く
  • イライラして落ち着きがない

 

尿路結石の予防方法

尿路結石を予防するには、水を飲ませて、こまめにオシッコさせることです。
あまり水を飲まない猫ちゃんは、食事をウェットフードに変えるか、ドライより多めにします。
汲み置きの水は古くなると飲まない猫ちゃんがいます。つねに新しい水に変えます。
流れる水が好きな猫ちゃんは、流水タイプの水飲み器を使いましょう。

猫の腎臓病

猫が腎臓を傷める最大の要因が 塩分の摂り過ぎ です。「人間の食事は塩分が多いから絶対に与えないように」と獣医師はよく言いますし、猫飼育本にも同じことが書かれています。

ならば、キャットフードなら問題ないのかというと、私は非常に疑問です。ペットフードのページにも書きましたが、キャットフードを食べてみると、かなり塩っ辛いです。人間の食事よりも塩っ辛いんじゃないかと思うくらい。いろいろ食べ比べていたら喉が渇いて、おもわず水を飲みました。

腎臓病でもないのに、ドライのキャットフードを食べて水をがぶ飲みする猫ちゃん、けっこういると思います。我が家の猫でもドライフードが好きな子は、がぶ飲みしてます。

キャットフードに添加されているナトリウムの量が多いのではないかと思いますが、メーカーに言わせると「食いつきを良くするため、水をたくさん飲ませるため」だそうです。

我が家は猫飼い歴30年以上、たくさんの猫達を見てきましたが、腎臓病を患い、腎不全で亡くなった子たちの共通点は手づくり食や缶詰を食べず、ドライキャットフードが好きで、それしか食べない子でした。

ドライだけでなく缶詰も食べていた子は、腎不全ではなく老衰や他の病気で亡くなっています。

個体差があるので、ドライフードだけ食べていても腎臓病にならない子もいるでしょう。ただ、我が家の傾向としては、ドライしか食べない子の方が腎臓病になる率が高いです。

腎臓病を少しでも防ぐには、ドライキャットフードだけ与えるのではなく、人間用の鶏肉や豚肉や牛肉、サーモンやマグロやカツオなどを買ってきて、ゆでたり炒めたり蒸し焼きにして与えたりして、少しでも塩分の摂取量を減らすことです。

猫缶も塩っ辛いですが水分があるので、ドライフードだけよりは、ずっと良いです。ただ、フードの好みは子猫のときに、ほぼ決まるので、大人猫になってから手づくり食を与えても、なかなか食べてくれません。

★我が家に現在、ドライキャットフードが好きで、それしか食べない子が2匹いて、1匹は、ちょくちょく膀胱炎になってますし、もう1匹は水をがぶ飲みする量があきらかに増えてきていて腎臓機能の低下が始まっているのではないかと心配しています。

ただ、最近、この2匹、水分のある猫缶を食べるようになったので少し、救いです。本当は無塩の手づくり食を食べてほしいんですけど、好きじゃないみたいで食べてくれないんですよね・・・・・。

手づくり食しか食べなかったココちゃんは全然、水のがぶ飲みをしなかったし、尿路疾患も一度も患ったことがありませんでした。

猫の飲用水

水道水には 塩素や発がん物質のトリハロメタン などが含まれているので、できればミネラルウォーターか、浄水器を通した水を与えてあげてください。
飲用水やフードを入れる容器も、陶器がオススメです。

以前、我が家の猫でプラスチック容器に入れたらアレルギー湿疹が出た子がいます
ステンレスも発がん物質を含んでいて、金属臭がするので嫌がる猫もいます。

やっぱり陶器がオススメ。ガラスも良いですが、割れたときに破片の回収をしにくいので(透明ガラスは、どこに飛び散ったか、わかりずらい)あまりオススメしません。

猫の熱中症対策

猫は犬に比べれば暑さに強いのですが、それでも限度があります。
猛暑の真夏、締め切った部屋に長時間、閉じ込めていたら、おそらく熱中症を起こし、ぐったりして死んでしまうと思います。
猛暑のときは窓を開けていても、日中は熱風が入ってきますから油断はできません。

猫の熱中症対策は、日中、仕事で長時間、留守にする場合などは、エアコンの冷房やドライ(ドライは冷風が出るものをつけてください。メーカーによっては冷風が出ないドライがありますので猛暑のときは、つけても効果がありません)を弱くつけたまま外出するしかありません。

温暖化の影響かどうかわかりませんが、場所によっては40度近く気温が上がる所もありますし、猛暑でなくても毎日、最高温度が35度、なんていうのが当たり前になっています。
昔はこんなに暑くなかったので扇風機だけで過ごせましたが、今はエアコンをつけないと熱中症で亡くなる方が後を絶ちません。

キティハウスは屋根や壁に、かなり厚めの断熱材を使い、サイディングも通常より厚めのものを使っているので断熱性に優れていますが、やはり猛暑は暑いので、日中、長時間、外出する場合は必ずエアコンを弱くていいので、つけたまま外出してあげてくださいね。1階も2階ほどではありませんが、やはり暑くなりますので、真夏はエアコンをつけてあげてください。

帰ってきたら熱中症で死んでいた・・・・・なんて、可哀想すぎます。(T_T)