アニマルポリスについて

20年ほど前にNHKで放送されたドキュメンタリー「イギリスのアニマルポリス」を見て以来、日本にも、大都市だけでなく全国にアニマルポリスが設置されることを切に望んでいます!

【アニマルポリスの仕事】

  • 動物虐待、飼育放棄などの行為を発見した市民の通報で現場に駆けつける
  • 現場に出向き、問題のある飼い主を注意・教育し、被害にあった動物を保護する
  • 動物虐待が犯罪であることを市民に知らせることで、虐待を防ぐ

 

欧米ではアニマルポリスは、とても人気のある職業です。
アニマルポリスになるための学校や専門学科が存在し、志望者数が多く、合格する学生は、ほんの一握り。
欧米では動物愛護の意識がとても高いんですね。

それに比べ、日本は動物愛護に関しては、かなり後進国で、杉本 彩さんが代表理事を務める「公益財団法人動物環境・福祉協会Eva」の尽力のおかげで2019年、やっと大阪でアニマルポリスが実現しています。(東京は、まだ)

「おおさかアニマルポリス♯7122」とは?

動物虐待の疑い事案を掘り起こし、早期発見・改善指導に務めるとともに、市民に対して動物虐待は犯罪であるとの再認識を促し、未然防止を図るため、大阪府が設置する大阪府動物虐待通報共通ダイヤル「♯7122」(悩んだら・わん・にゃん・にゃん)を活用します。

電話番号 → 短縮ダイヤル「♯7122」(悩んだら・わん・にゃん・にゃん)

 

動物の愛護及び管理に関する法律

犬・猫の遺棄・虐待・殺傷は、法律により罰せられます。

犬・猫を遺棄・虐待した場合は 1年以下の懲役または 100万円以下の罰金
殺傷した場合は 5年以下の懲役または 500万円以下の罰金が課せられます。

【動物の愛護及び管理に関する法律】
第44条:愛護動物をみだりに殺し、又は傷つけた者は、5年以下の懲役又は500万円以下の罰金に処する。
2:愛護動物に対し、みだりに、その体に外傷が生ずるおそれのある暴行を加え、またはそのおそれのある行為をさせること、みだりに、給餌若しくは給水をやめ、酷使し、その健康及び安全を保持することが困難な場所に拘束し、又は飼養密度が著しく適性を欠いた状態で愛護動物を飼養し若しくは保管することにより衰弱させること、自己の飼養し、又は保管する愛護動物であつて疾病にかかり、又は負傷したものの適切な保護を行わないこと、排せつ物の堆積した施設又は他の愛護動物の死体が放置された施設であって自己の管理するものにおいて飼養し、又は保管することその他の虐待を行つた者は、1年以下の懲役又は 100万円以下の罰金に処する。
3:愛護動物を遺棄した者は、1年以下の懲役又は 100万円以下の罰金に処する。

環境省・警察庁「動物の遺棄・虐待は犯罪です」ポスター

※ 環境省・警察庁「動物の遺棄・虐待は犯罪です」ポスター